敷金を取り返すテクニック 目次
1.敷金を取り返すテクニックと出会う

2.敷金を取り返すテクニックに驚く

3.敷金を取り返すテクニックを無料で読む

4.セルフとサポートどっちがいい?

5.費用はかかるのか?

6.時間がない人でも可能なのか?

7.デメリットはあるのか?

8.他のマニュアルと比べてどちらが良いのか?

9.きれいに使えば敷金は戻る?

10.当商材についてのご質問は

11.用語集と対応地域

12.敷金は戻る?戻らない?



用語集と対応地域 敷金を取り返すテクニック

賃貸住宅に関する用語を調べてみました。

経年劣化とは
クロスや床などの建物の建具や、エアコンや給湯器などの設備が、
年数とともに劣化すること。故意に傷つけたものは含まれない。


権利金とは
テナントを借りる際に支払われる金銭で、礼金のような性質があり、
退去後も返却されない。


原状回復義務とは
賃貸借契約に付加される義務で、「契約終了時は、契約開始時の
状態に戻してください。」という内容のもの。
一般的には、経年劣化の回復までは含まれないが、原状回復に
関するトラブルは後を絶たないので、契約の際は十分に確認をすること。


更新手数料とは
賃貸借契約更新時に不動産業者に支払われる金銭。


更新料とは
賃貸借契約更新時に家主に支払われる金銭。


敷金とは
賃貸借契約の際、家賃等の担保として家主に預け入れる金銭。


敷引とは
退去の際に敷金より差し引かれる金銭。
予め、契約の際に設定されており退去後も返却されない。


重要事項説明書とは
売買契約や賃貸借契約を締結する際、本契約の前に取引をしようと
する物件について、宅地建物取引主任者によって説明される、
一定事項を記載した書面。


善管注意義務とは
善良なる管理者の注意義務のことで、委任契約や、
賃貸借契約などにおいて義務付けられる。
簡単に言うと、自分のこととして扱うよりも注意をもって、
扱わなければならないという義務。


畳とは
京間(191×95.5cm)中京間(182×91cm)江戸間(176×88cm)
の三種類が一般的。
最近の賃貸住宅にはさらに小さいサイズの畳を使っているところも多い。


仲介手数料とは
売買契約や賃貸借契約を不動産業者を仲介して締結した際に
不動産業者へ支払う報酬。
法律により、上限が定められている。


申込金とは
物件申し込み時に、申し込みの意志のあらわれとして支払う金銭で、
契約金の一部に充当されるが、手付金とは性質が異なる。


礼金とは
賃貸借契約の際に家主に対して支払われる金銭で、退去後も返金されない。




この『敷金返還トラブル一発解消テクニック』
は、

東京・大阪・名古屋・福岡等の主要都市は

もちろんのこと、北は東北・北海道から、南は九州・沖縄まで

全国各地の案件に対応しております。

もちろん、愛媛や高知などの四国地方もOKですよ。

タグ:用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。