敷金を取り返すテクニック 目次
1.敷金を取り返すテクニックと出会う

2.敷金を取り返すテクニックに驚く

3.敷金を取り返すテクニックを無料で読む

4.セルフとサポートどっちがいい?

5.費用はかかるのか?

6.時間がない人でも可能なのか?

7.デメリットはあるのか?

8.他のマニュアルと比べてどちらが良いのか?

9.きれいに使えば敷金は戻る?

10.当商材についてのご質問は

11.用語集と対応地域

12.敷金は戻る?戻らない?



敷金を取り返すテクニックと出会う

はじめまして。当サイト管理人のとびーです。
ここでは、「敷金を取り返すテクニック」について
書いていきたいと思います。



管理人は転勤族です。
既に5回以上の引越しをしています。



引っ越すたびに敷金が返ってこないどころか
「いつも敷金では不足しますから」と言われ
追加請求されていました。



無茶苦茶な住み方をしたわけでもないのに
畳替え費用だの、ふすま張替え費用だの
あれこれ理由をつけられて、請求されていたんですね。



その時は「実際住んでいたんだから仕方ないなぁ」
思いつつ請求分も払っていたのですが
壁クロス張替え費用まで請求された時にはさすがに驚きました。



入った時には既に画鋲の後とかついていたにもかかわらず
「転居時には張替えですから」なんて言われて…。
(ちなみに煙草は吸わないし、画鋲も刺していません)



5万近く追加で支払いをしたものの
退去した後に張替えるから、実際に張り替えたかどうかは
確認のしようがないんですよね。




今後もこんな状態が続くのは腹立たしいので
昨年、転居する時に、何かないものかと探していました。


すると…。

見つけました。

『敷金返還トラブル一発解消テクニック』



このテクニックに出会って、状況は一転しました。

「敷金を取り返すテクニック」について
引き続き書いていきますので、よければご覧ください。



「敷金を取り返すテクニックに驚く」を読む



敷金を取り返すテクニックに驚く

転居するたびに、戻ってこないどころか追加請求されていた敷金。

これまでは素直に支払っていたものの、
『敷金返還トラブル一発解消テクニック』を読んで
愕然としました。



「嘘だろ・・・!?」
そこには、支払う必要がないものとして
今まで追加で払ってきた費用の数々が…(汗)。



新しい場所への転居費用だけでも結構かかるのに
追加の敷金まで払っていたんですから
「引越し貧乏」になって当然ですよね(苦笑)。



ちょうど転居前だったので、早速使ってみました。
その感想は…



「…追加どころか戻ってきた」
戻ってきた金額はわずかだったのですが
追加がなかったというだけで、すごく得しました。



引越しで損をしないためにも、読んでおくといいと思います。

『敷金返還トラブル一発解消テクニック』



次回は「敷金を取り返すテクニックを無料で読む」です^^



敷金を取り返すテクニックを無料で読む

これまでの話の中で出てきた
『敷金返還トラブル一発解消テクニック』

この冊子自体は有料なのですが、
実は無料のレポートがあるんです。



この無料冊子では、
原状回復費用の負担区分や消費者契約法の活用法など
敷金返還交渉に使える貴重な情報
が手に入ります。



有料冊子の購入はしないまでも
無料冊子だけは読んでいたほうがいいです。
読んでびっくりの用語説明、これだけでも為になります。



こちらのページの左サイドバー下段に、
無料冊子の請求フォームがございます。
リンクを貼っておくのでもしよろしければ見てみください。



無料冊子の請求フォームはこちらから


注)このサイトは有料サービスの紹介もしていますが、
とりあえず有料の方は無視していて良いと思いますよ。
無料の冊子だけで十分得るものはありますので。




ご質問がございましたら

こちらからお気軽にご質問ください^^

ご質問はこちらから。



「セルフとサポートどっちがいい?」を読む



セルフとサポートどっちがいい? 敷金を取り返すテクニック

※ご注意

マニュアル作者の洲加本泰幸さんから、
「現在、フルサポートコースは申込者が多く、サポートの質を下げないために
当面フルサポートコースの受付を見合わせます」
というご案内が来ました。


こちらのページでは、フルサポートコースの記事も書いていますので
お間違えのないようにお願いします。





このサイトでは
『敷金返還トラブル一発解消テクニック』
について紹介しています。



販売のページ、読んでいただけましたか?
読んでいくとお分かりかと思いますが
販売金額は2種類あります。



サポートなし、返金保証なしのセルフコースタイプと
フルサポート、返金保証付きのフルサポートタイプとあります。



価格はもちろんセルフコースのほうがお安いのですが
全て自分で作業をこなすのが不安な方は
「内容証明代理作成」がついているフルサポートタイプの
ほうが良いと思います。




返金保証もついていますし、安心ですね^^



あと、利用できないパターンがありますので、
販売ページの注意点をよく読んでください。
(ページの下のほうに書いてあります)



『敷金返還トラブル一発解消テクニック』はこちら



ご質問がございましたら

こちらからお気軽にご質問ください^^

ご質問はこちらから。



「費用はかかるのか?」を読む




費用はかかるのか? 敷金を取り返すテクニック

ここでは、マニュアル代金以外にかかる費用について
説明しておきます。



この『敷金トラブル一発解消テクニック』を実践するには
内容証明郵便を出す必要があります。
郵便代金として別途2,000円ほどの費用がかかりますのでご注意下さい。



内容証明郵便の代金以外には追加料金は一切かかりません。
もちろん書き方については「ひな形」がありますので
心配しなくて大丈夫です。



また、フルサポートタイプでは初回のお申込代金を払うだけで、
何回相談しても、何回文書を作成してもらっても、
1案件ごとの金額は一定です。
(現在フルサポートの受付は行っておりません)


成果に応じて報酬を取ることの多い、この業界においては
とても嬉しいシステムですね。



初回の費用も、得られるメリットを考えれば全然お徳ですので、
もし、あなたも敷金返還トラブルでお悩みでしたら、
一度作者の洲加本さんに頼んでみると良いと思いますよ。



よければご覧下さい。
『敷金返還トラブル一発解消テクニック』



ご質問がございましたら
こちらからお気軽にご質問ください^^

ご質問はこちらから。



「時間がない人でも可能なのか?」を読む



時間がない人でも可能なのか? 敷金を取り返すテクニック

「時間が取れないけど、大丈夫?」と思われているあなたへ。


もし、あなたが『敷金返還トラブル一発解消テクニック』の
セルフタイプを購入されるのであれば、
自分で文章を作成する時間が必要になります。



とは言っても、ひな形があるのでそんなに時間はかかりません。
ひな形にあなたの住所や名前を打ち込んでいくだけですから
普通にパソコンの扱いに慣れている方ならばセルフタイプで
十分だと思います。



フルサポートタイプを購入されるのであれば、
やるべきことは至って簡単です。



マニュアルの中に、「代理作成サービスについて」という
テキストがあるので、そちらに沿って、必要事項を記入し
作者の洲加本さんに送るだけです。



あとは作者の洲加本氏さんが、奪還用の専用文書を作ってくれます。
あなたはそれを郵便局へ持っていくだけでOKです。
実に簡単ですね^^



マニュアルを読む時間は別として、情報を送るのに15分。
提供された文書に住所等を書き込むのに10分。



必要な時間はこれくらいなので
忙しいサラリーマンの方でも問題ないと思いますよ。



敷金を取り返すことができれば、マニュアル代金どころか
次の引越し費用に回すことができますし、
まったく返ってこないものと思って、何か美味しいものを
食べに行ってもいいかもしれませんね^^



戻ってきた敷金をどう使うか、贅沢な悩みになるかもしれません。



『敷金返還トラブル一発解消テクニック』はこちら



ご質問がございましたら

こちらからお気軽にご質問ください^^

ご質問はこちらから。



「デメリットはあるのか?」を読む



デメリットはあるのか? 敷金を取り返すテクニック

いいところばかり述べてきましたが、注意点がいくつかあります。

基本的にこのサービスは、
不当な請求を正当なものに戻す為のサービスです。



なので、元々の使い方が悪くて、お部屋を破損・汚損させたりして
請求された部分の修繕費用まで取り返すことはできません。

常識の範囲内で、ということですね。



また、ペットを飼っていたり、一部の不動産業者が相手だと
効果を発揮しないことがあります。



ご自身の状況が当てはまるかどうかは、サイトで確認できますので
こちらから確認をしてみてください


自分の状況を確認してみる↓

『敷金返還トラブル一発解消テクニック』はこちら



どちらにしても効果が発揮できなかった場合は
ちゃんと返金してくれますので心配はありません。
(フルサポートタイプのみ)



ご質問がございましたら
こちらからお気軽にご質問ください^^

ご質問はこちらから。



「類似商品と比べてどちらが良いのか?」を読む



他のマニュアルと比べてどちらが良いのか? 敷金を取り返すテクニック

調べてみた結果、敷金返還系のマニュアルは
このマニュアルの他にもあることがわかりました。



敷金を確実に取り戻すための賃貸生活防衛マニュアル


上記商材については詳しくは分かりませんが
入居前の交渉術が主体のようです。



「敷金交渉の秘密」

こちらは価格設定が低いですが、販売ページを見る限り、
ちょっと疑問符が^^;

実際詳しくわからないのでコメントは控えておきます。


…ノウハウを「ノウハス」って書いてあるだけで
ちょっと(苦笑)。



類似商品はいろいろとございますが、
一番の正統派たる『敷金返還トラブル一発解消テクニック』
買っておけば間違いないと思います。



発送する文章のひな形もしっかりできてますし、流れについても
わかりやすく書かれています




ご質問等がございましたらお気軽にご質問ください。
内容知ってますので結構お答えできると思います。

ご質問はこちらから。



次回は敷金返還に関する恐ろしいお話を少し書きます。



「きれいに使えば敷金は戻る?」を読む



タグ:敷金 比較

きれいに使えば敷金は戻る? 敷金を取り返すテクニック

今回は予告のとおり、敷金に関する恐ろしいお話です。

私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは敷金について
甘い考えを持っているようです。



きれいに使っていれば敷金は戻ってくるだなんて、
本気で思っていませんか?




あなたの不動産業者って信頼できる会社ですか?
私も大手不動産会社A社で借りた経験があるので
すっかり安心していたのですが・・



調べてみたら大手不動産によるボッタクリ請求が
出るわ出るわ(汗)。
個別では書けないほどです。



敷金15万円に対して30万円もの請求でもビックリしますが、
中には50万、80万という高額な請求もザラにありました。

もはや笑い事ではないですね。



あなたはこのままで大丈夫ですか?
自分の身は自分で守る時代です。



よければご覧下さい。
『敷金返還トラブル一発解消テクニック』はこちら



ご質問がございましたら
こちらからお気軽にご質問ください^^

ご質問はこちらから。



「当商材についてのご質問は」を読む




用語集と対応地域 敷金を取り返すテクニック

賃貸住宅に関する用語を調べてみました。

経年劣化とは
クロスや床などの建物の建具や、エアコンや給湯器などの設備が、
年数とともに劣化すること。故意に傷つけたものは含まれない。


権利金とは
テナントを借りる際に支払われる金銭で、礼金のような性質があり、
退去後も返却されない。


原状回復義務とは
賃貸借契約に付加される義務で、「契約終了時は、契約開始時の
状態に戻してください。」という内容のもの。
一般的には、経年劣化の回復までは含まれないが、原状回復に
関するトラブルは後を絶たないので、契約の際は十分に確認をすること。


更新手数料とは
賃貸借契約更新時に不動産業者に支払われる金銭。


更新料とは
賃貸借契約更新時に家主に支払われる金銭。


敷金とは
賃貸借契約の際、家賃等の担保として家主に預け入れる金銭。


敷引とは
退去の際に敷金より差し引かれる金銭。
予め、契約の際に設定されており退去後も返却されない。


重要事項説明書とは
売買契約や賃貸借契約を締結する際、本契約の前に取引をしようと
する物件について、宅地建物取引主任者によって説明される、
一定事項を記載した書面。


善管注意義務とは
善良なる管理者の注意義務のことで、委任契約や、
賃貸借契約などにおいて義務付けられる。
簡単に言うと、自分のこととして扱うよりも注意をもって、
扱わなければならないという義務。


畳とは
京間(191×95.5cm)中京間(182×91cm)江戸間(176×88cm)
の三種類が一般的。
最近の賃貸住宅にはさらに小さいサイズの畳を使っているところも多い。


仲介手数料とは
売買契約や賃貸借契約を不動産業者を仲介して締結した際に
不動産業者へ支払う報酬。
法律により、上限が定められている。


申込金とは
物件申し込み時に、申し込みの意志のあらわれとして支払う金銭で、
契約金の一部に充当されるが、手付金とは性質が異なる。


礼金とは
賃貸借契約の際に家主に対して支払われる金銭で、退去後も返金されない。




この『敷金返還トラブル一発解消テクニック』
は、

東京・大阪・名古屋・福岡等の主要都市は

もちろんのこと、北は東北・北海道から、南は九州・沖縄まで

全国各地の案件に対応しております。

もちろん、愛媛や高知などの四国地方もOKですよ。

タグ:用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。